【結婚式】娘がリングガールになった話


こんにちは。あやの(@ayanordj)です。

夏の暑さも一段落して、ここ最近立て続けに結婚式にお呼ばれしました。

そのなかで、先日私の妹の結婚式で娘がリングガールをお願いされなんとかつとめてきました!

そこでリングガールをお願いされたら何をすべきか、衣装選びから当日の流れまで我が家の経験談を書いていきます。

リングガールとは

リングガールって聞いたことあるけど調べるとこういうガールのことなんだそう。

リングガールとは、リングを載せたリングピローを持ってバージンロードを歩き、祭壇まで運ぶキッズのことです。 多くの場合、祭壇には牧師さまがいて、入場してくる新郎新婦の数メートル前を、新郎新婦を先導するような形で歩きます。

www.weddingpark.net/magazine/1459/

同じようなので花束や花びらを持って花嫁入場時に前を歩く「フラワーガール」というものもあるんですって。へぇ。

今回、妹が式を挙げることになりすぐに「娘ちゃんリングガールできない?」とお願いされました。

最近娘の中でプリンセスブームが来てることもあり、かわいいドレスを着せれば機嫌よくやってくれるかなと思って即OK。

でも、調べるとリングガールってだいたい4,5歳くらいの子がやるんですね。

それより小さいとリングピローを上手く持てなかったり、リングを口に入れてしまったり危険だとか書いてるサイトも見つけました。

うちの娘3歳になったばっかり。一人でまっすぐ歩くことはできるけど、大丈夫かしら。

引き受けてからちょっと不安になりましたが、ドレス選びを始めたらそんなことも忘れて楽しくなってしまった私でした…(笑)。

リングガールのドレス選び

「リングガール ドレス」で調べると、出るわ出るわ通販サイトのページが。どれもかわいい。

ちなみにリングガールやフラワーガールは花嫁と同じ白いドレスでOKなんだそう。

こちらのページなんか参考になります。↓
フラワーガール, リングガールをお願いされたら・・・
迷いに迷って、これにしました。背中のレースがかわいい。

届いてすぐ着せたら娘のテンションだだ上がり!値段にしては形もキレイでしっかりした生地でした。スカートも写真通りふんわりしてて、鏡の前でクルクル回ってました。

何度も着るわけじゃないからあんまり高いのを買っても仕方ないですしね。来年はサイズアウトするだろうし。

七五三撮影の衣装替えででもまた着ようかな?

 あと用意したのは花かんむり。フラワーティアラっていうんですか?

これあるとないとじゃ大違いです。チョコンと乗せれば、はい天使です(笑)。

あとはドレスに合わせて白い靴と、白いレースの靴下も買いましたおばあちゃんに買ってもらいました!

ちなみに弟くんはアカチャンホンポでこんな服を購入。なぜか号泣してますが。弟衣装

当日までにイメージトレーニングを

結婚式の数日前から「もうすぐ○○ちゃん(妹)の結婚式で、ドレス着てみんなの前を歩くんだよ」と何度か言い聞かせたり、動画をいくつか見せたりして気持ちを高めていきました。

黙って興味深々に動画を見つめる娘。でも「できる?」と聞くと「…うん」というあいまいな返事ばかりでした。

そりゃそうだよね、結婚式自体初めてなんだもんね。まぁ失敗してもパパが出てって会場笑わせるから大丈夫!

いざ本番!

本番前にリハーサル

夕方スタートの式だったので、しっかりお昼寝させて好きなジュースを飲ませたりなるべく機嫌を損ねないよう接しました。やー大変。

行きは電車だったので衣装を汚さないよう、ワンピースで行って会場でお着替え。

式前の親族紹介が終わるとすぐにリハーサルに呼ばれます。

リングピローを直接持って歩くのかと思ったら、妹の友人が作ってくれたカゴに入れて持つということだったので、落とす心配も減って少し安心しました。リングクッション

花嫁衣装の妹と司会の方や式場の方などたくさんの大人に囲まれ緊張しながら一通りの流れを説明され、実践。

新郎新婦のもとに歩いて行って、カゴではなくリングをピローから取り外して渡そうとするというハプニングがありましたが、なんとかできました(汗)。

リハーサル後、元美容師の叔母に髪を編み込みしてもらいました。編み込みってやっぱり様になるなぁ。

女の子の親なんだから、編み込みくらいできるようにならなきゃ。不器用母でゴメンよ。

そして本番。

今回はレストランウエディングでの人前式だったので、新郎入場、新婦が父と入場した後にリングガール登場の流れでした。

式が始まると想像より早くスタッフから呼ばれて緊張…。私は下の子を抱っこしていたので夫に娘を託しました。ドキドキドキドキ…。

遠くから祈るように待っていると、「それではお願いします。○○ちゃーん」と司会者から呼ばれ、トコトコ歩いてきました。リングガール本番

リングピローを落とさず無事に新郎新婦のもとまでたどり着き、2人に渡し、マイクを向けられ「おめでとう」と言うことができました!

やったね!!完璧!!ママ泣きそうだわ!!

まとめ

新郎新婦の2人も、おじいちゃんおばあちゃんも、会場のみんなが声をあげて喜んでくれました。不安でしたが引き受けて本当によかった。

まとめるとリングガールは、花嫁に合わせたドレス選びと、事前のイメトレと、当日のご機嫌取りが大切だということがわかりました!笑

参考になればうれしいです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク