【MVNO】auスマホiPhone6Sをmineoに乗り換えました


こんにちは。あやのです。

先日書いた、auひかりからモバイル回線のWimaxへ変えるべく動いてる件(関連記事▶【Try Wimax】Wimaxって実際どうなの?買う前に試してみた)に引き続き、auで使っていたiPhone6SをMNPでmineoというMVPNサービス業者に乗り換えが完了しました!!

いやぁー、やっと長年のau呪縛からの脱却が叶いましたよ。(ただし夫を除くww)

申し込みから手続きまで、びっくりするほどはやく簡単に済んだので、その流れと気づいたポイントについて書いていきます。

au歴7年の私。iPhoneの月額料金を安くしたい…

当時付き合ってた彼に合わせてSoftbankからauにしたのが7年前(若かったわぁ)。昨年10月にふと2年以上使っているiPhone5の料金を見ると、2年で端末代金の支払いは終わってるはずなのに料金が以前より高くなってることに気づきました。

なんでかな?と思って調べると、新しいスマホを買ってからの2年間は、「毎月割」で端末代金が相殺されていたんですが、それ以降は通常料金になり、結果月々の支払がそれまでより高くなったりするようです。

で、auのホームページで料金シミュレーションしてみたら、機種変更しても料金は変わらなかったんですよね。なんじゃそらー!てことで、その頃発売されたiPhone6S(16GB)に機種変更しました。

関連記事▶iPhone5→iPhone6sへのデータ移行で苦戦した2つのこと

まぁ、一番賢いのは「誰でも割」契約更新月にMVNOに乗り換える方法だったんですが、このときの私は「あ、あ、あ、ああいふぉん6Sピンクほしー!出産前に変えたいよぉぉ!!」と感情的になっていて…(涙)。

auのiPhone6Sをそのまま使えるMVNO業者

iPhone6Sの使い心地には満足。でもやっぱりMVNOにしたい!!auのよくわからない料金体系がいやだ!!ということで調べてみました。

するといま使ってるauのiPhone6SをSIMを入れ替えるだけで番号そのままで使えるMVNOサービス業者

mineo
UQ mobile

を発見。どちらもau回線を使ったプランを提供しています。

そもそも私は家でも会社でもwifiにつないでいるので、毎月そんなに通信量はいらないし通信速度もあまり関係ありません。UQ mobileの方が通信速度が速いといわれていますが、速度よりも料金を重視してmineoを選ぶことに。mineoは500MBからデータ容量プランがあるのが魅力です。

ちなみに電話はほとんど使ってないのですが、受けることはあるので音声通話もついたプランを選択。TwitterとかLINEとかの認証で必要なSMSも無料で使えます

データ通信+音声通話タイプ

500MB 1GB 3GB
mineo 1,310円 1,410円 1,510円
UQ mobile 1,680円

※3GB以上使わないのでこれ以上は省略

あと、mineoは「マイネ王」というmineoスタッフとユーザーのコミュニティサイトがあって、ここで事前にいろんなことが調べられたのがよかった。損しないauからの切り替え時期とか切り替え前にやっておくこと等、参考にさせてもらいました。

マイネ王

auのiPhone6SをMVNOにするとできなくなること

iPhone 6Sをauからmineoに乗り換えると、できなくなることもあります。これはUQ mobileも同じです。

テザリングができなくなる

iPhoneの無線LAN機能を使って、パソコンやゲーム機器をインターネットに接続することができなくなります。

→テザリングは今まであまり使ってませんでした。カフェでノマド??赤ちゃん連れではなかなか難しい…。それに別件で我が家のネット回線をモバイル回線に変更するので、必要であればそれを携帯すれば対応できます。

3G回線では通信できない

au iPhoneが使えるauプランでは、au 4G LTEでしか通信ができず、3G回線では使えません。ですが、auでは4G LTEの人口カバー率が99%を超えているとうたっているように、ほとんどの場所でつながるようになってます。極端に電波の悪い場所だと3G通信になってしまってつながらないこともあります。

→まぁ、ガラケー時代と比べたら電波の悪い場所もだいぶ減ってきましたよね。地下鉄等でも通信可能範囲が広がってきているようです。

auからmineoへMNPの申し込み

MNP(ナンバーポータビリティ)の申し込みを順を追って書いていきます。

auに電話してMNP予約番号をもらう

0077-75470またはau端末からなら157へ電話してMNP予約番号をもらいます。auショップに行くと無駄に待たされるので電話がはやいです。本人確認後、解約理由など聞かれますが、そんなに強引に引き止められることはなく、口頭で番号をもらえました。後ほどSMSメッセージでも届きます。

番号の有効期限は発行から2週間で、mineoへ申し込み時点で有効期限が10日以上残ってる状態でないと申し込めないので注意が必要です。もしうっかり有効期限が残り10日を過ぎてしまったら、auから予約番号を再発行してもらいましょう。

MNPとau解約にかかる費用の説明もありました。

MNP転出手数料:3,240円
iPhone6S端末料金未払い分:63,180円(au解約後も分割で支払続けることができますが一括にしてもらいました)
誰でも割契約解除料:10,260円

このほかにも解約の場合auの「毎月割」は解約前月までの適用になるため、利用最終月の請求は高くなるそう。金額が確定したら詳細を追記しますね。

mineoにMNP申し込み

申し込みは本当に簡単です。mineoホームページの申し込みフォームから、eoIDと呼ばれるユーザーIDを取得して進めます。

mineoプラン選択画面今回私はauのiPhoneでデータ通信と通話auプランを利用するので、「auプラン(Aプラン)」「デュアルタイプ」「SIMカードのみ」を選択します。コースはとりあえず3GBにしました。使ってみてこんなにデータ容量いらなければ後から変えよう。

SIMカード形状選択画面このあとSIMカード形状選択に進みます。SIMカード形状はプルダウンから選択するんですが、nanoSIM?microSIM?VoLTE?私のiPhoneのSIMって一体どれよ??と悩みました。

ググるとここで確認可能でした→「iPhone または iPad の SIM カードの種類を確認する」iPhone6SはnanoSIMでした。

その後ナンバーポータビリティ(MNP)の申し込み画面でauからもらったMNP予約番号、現在の電話番号、予約番号の有効期限を入力し、オプション「三者通話」「迷惑電話撃退サービス」「お留守番サービスWX」の申し込み確認後、「ご契約者様情報」を入力するページに行くので、氏名生年月日住所などを入力。

mineo料金確認画面そして「お支払い情報の入力」画面で料金の確認をします。
初期費用に3,240円(税込)かかり、月額費用は1,632円(税込)です。衝撃の安さ!!

さらに下にいくとお支払情報入力欄があるのでクレジットカード情報を入力します。※支払方法は契約者名義のクレジットカードのみ。

身分証アップロード画面本人確認書類のアップロードページでは、身分証をスマホのカメラで撮って、画像データに添付します。私はiPhoneで撮った免許証の写真データをDropbox経由でパソコンにアップしました。Googleフォト等パソコンで開けるアプリ経由でもいいですね。

提供条件(重要条項)とサービスの確認、最終確認画面を確認すると、登録したメールアドレスに仮申し込みメールが届くので認証すれば完了です。

この後審査が行われメールで結果連絡があります。私は朝申し込んでその日の15時頃審査OKのメールが届き、翌日SIMが発送されたと連絡が来て、申し込みの翌々日にはSIMカードと書類が手元に届きました。は、はやいっす!!

MVNO切り替え前にやったこと

MNP設定の前にやっておくべきことがあります。

キャリアメールの代わりを立てて周知

auを解約するとキャリアメールezweb.ne.jpのメールアドレスが使えなくなります。

最近はLINEが主流になりつつありますが、まだまだLINEを使ってない友人もいてezwebメールに連絡が来ることもあるので、メアド変更します、今後はGmailにご連絡くださいと報告しました。

ここで大事なのはezwebのメアドから報告することです。Gmailやその他PCメールアドレスから送信すると、相手のメール設定によっては受信できないことがあるので。

キャリアメールで登録してるサービスのアドレス変更

その他利用中のサービスでezwebのアドレスを登録しているものはないか探して設定変更します。例えば…

  • Gmail2段階認証のメールアドレス
  • Apple ID用メールアドレス
  • LINEアカウント用メールアドレス
  • Twitter,facebook等SNS用メールアドレス
  • メールアカウント復旧用メールアドレス
  • クレジットカードや銀行管理画面用メールアドレス

このへんはチェックしました。遠い昔に登録したサービスだと怪しいので確認しましょう。変更の際、変更前のアドレスに認証URLが送られてそれをクリックする必要があるパターンもあるので、使えなくなる前に終わらせるべきです。Apple IDがこのパターン!!気をつけて!

直近のau料金明細等をスクショ

念のため。auを解約すると「auお客様サポート」が見られなくなるので。訂正:解約後は、IDが「携帯電話番号_(半角アンダーバー)解約年月日(西暦で数字8桁)」でログインできました。パスワードは変わらず。

参考:解約後、請求額・料金明細を確認するにはどうしたらいいですか。(au解約後、au IDでログインする方法を教えてください。)au Q&A プラス

でもauお客様サポートのアプリではログインしても「選択中のサービスは一時休止中、または解約済みです。」と表示されて料金明細が見られません。ブラウザでauお客様サポートのサイトを開いてログインすると見られました。解約したらアプリは削除ですね。

いざMNP

mineo利用ガイド一式

届いたガイドを見ながらMNP切り替え、回線切替、プラン変更切明手続きをします。

ガイドはスマホも一緒に買った場合、SIMだけ買った場合、アンドロイドの場合、iPhoneの場合のそれぞれの設定方法が書いてあってちょっと見づらいのですが簡単です。

SIMカード

初めてiPhoneからSIMカードを取り出す際は、かなり力がいりました。。付属の金具で勇気を持って「エイっ」と刺すと開きます。

同じスマホを引き続き使う場合、

  1. SIMの入れ替え
  2. mineoマイページで届いたSIMカード台紙に載ってる番号を入力してMNP切り替え
  3. サファリから指定URLにあるプロファイルをインストールしてネットワーク設定

基本これだけです。かかった時間は30分くらいでしょうか。2.は設定から30分程度で回線切替が完了するとのことだったんですが、15分後くらいにテストコールしたら完了していました。

これに加えてmineoメールの設定をして完了です。正直「mineoメール?いらなくね?」と思ったんですが、mineoサービスに関する大切なお知らせが届くそうなので設定しておきました。

まとめ

申し込みから2日後にはSIMが届いたのにはびっくりでしたね。思い立ったらすぐ手に入るので迷う隙を与えません。

ちなみに私は6月1日のタイミングでMNPと回線切り替えをしました。auに確認したところ、1日中で解約が完了すればその月の利用料はかからないそうです。auとmineo両方の料金を支払うことにならないよう、タイミングを図るといいと思います。

とっても簡単、といいながらダラダラ長くなってしまいましたが、無事MVNOに切り替えができて満足です!!

auからの退会月請求額が確定したらまた書こうと思います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク