【アプリ】子供・孫の写真を簡単に共有!Googleフォトの使い方


こんにちは。あやのです。

現在長男が生後3ヶ月。授乳しながら、寝かせながら、オムツ替えながら、にやけ顔で眺めております。ずっと見ていたくて、家事がまったく進みません(言い訳)。

子供の表情って毎日変わっていきますよね。長女の時も、生まれてから1歳までの変わりようは毎日一緒にいる私でも驚くほどでした。

写真なんかスマホでバシャバシャ撮っちゃいますよね。「わらったー!」「歯が生えたー!」つって。

で、気づいたら膨大な写真の量。私のiPhone16GBだからすぐに容量いっぱいになっちゃうしどうしよう、整理しなきゃと思うのですが、家事育児でバタバタして手をつけられない。てか、そんなことより少しでも長く子供の顔を眺めていたい・・・。

そこで、私は『Googleフォト』を使ってます。これが超絶便利。

スマホで撮った写真はもちろん、デジカメやビデオカメラのデータも管理できるし、おじいちゃんおばあちゃんにも写真を簡単に共有できて、みんなでアルバムに写真を追加できちゃいます。しかも無料で!

ということで今回は子育て中のパパママにオススメしたい『Googleフォト』の使い方についてご紹介します。

Googleフォトとは

Googleフォトとは、Google社が提供する写真の保存共有アプリです。大手企業のアプリということで、なんとなく安心ですよね。

こんなことができます。↓

  1. スマホで撮った写真を簡単に管理できる
  2. 保存した写真や動画を、指定した人に共有(閲覧・編集)できる
  3. スマホのデータ空き容量を増やせる

ほかにもたくさん保存した写真や動画のなかから、見たいものをGoogleならではの検索機能で探しだしたり、自動編集の機能もありますが、特に便利な↑の機能について、詳しく見ていきましょう。

Googleフォトのアプリをインストール

利用するにはまずGoogleのアカウントが必要ですので、持っていない方は作成してください。

Googleアカウントの作成

iPhoneの方はアプリをインストールしましょう。

Androidのスマホを使っている方は、購入した時点でアプリが入っているものもあるようですので、確認してみてください。

Google Fotos
Price: Free

スマホで撮った写真のバックアップができる

スマホで撮った写真をGoogleフォトに保存すれば、万が一スマホを紛失してしまったときにもバックアップがあるので安心です。

また、別に保存することでスマホ本体からはデータを削除してしまえるので、スマホの空き容量に困ることも少なくなります。

最初に設定してしまえばあとは自動的にアップロードされるのでとっても便利! さっそく使ってみましょう。

同期設定をする

スマホで撮った写真や動画をインターネット上にあるGoogleのサーバに自動保存して、スマホやパソコンを使ってアルバムを作ったり時期別に分けたり整理することができます。

アプリをインストールしたら起動して、Googleのログイン画面が表示されたらログインをします。すでにログインされていたらそのままで。

はじめる「始める」をタップ

バックアップと同期『 バックアップと同期 → ON 』

『 モバイルデータ通信を使用してバックアップ  → OFF 』

『モバイルデータ通信を…』を「ON」にすると、スマホで写真や動画を撮影すると随時自動保存されるようになりますが、写真や動画サイズによっては保存にデータ通信量が多くかかるため、契約プランのデータ使用料を超えてしまうことがあります。ここを「OFF」に設定すると、スマホをWifiに接続した時のみに自動保存されるため、通信料を気にする必要がなくなります。ということで、ここの設定は「OFF」をオススメします。

※ちなみに、後から「設定」→「バックアップと同期」をみると、「モバイルデータ通信を使用して写真をバックアップ」と「モバイルデータ通信を使用して動画をバックアップ」を選択できるようになっているので、写真のみをONにすることもできます。

サイズ「続行」をタップすると「写真と動画のアップロードサイズ」というページにいくので、『 高画質(無料、容量無制限) 』に、チェックを入れて「続行」をタップ。

こちらを選択するとGoogleフォト規定のサイズに縮小されますが、写真プリントなどには全く問題ないサイズでしかも無制限に保存できちゃいます。なのでこちらを推奨。ちなみにもう一方の「元のサイズ」は、撮った写真や動画のサイズのまま保存されますが、保存できる量が決まっています。

IMG_3590次に「共有のお知らせを表示しましょう」。こちらはお好みで。

「○○さんから写真の共有がありましたよ」というようなGoogleフォトからの通知が来てもOKな方は「通知をオンにする」、通知はうるさいのでいらないという方は「オンにしない」を選択。

設定を終えると、Wifiに接続したときにこれまでスマホで撮った写真や動画データのすべてがGoogleフォトに保存されます。スマホにあるすべての写真をアップロードするので、初めは時間がかかります。気長に待ちましょう。

IMG_3582アップロードされると、「フォト」の中に写真が時系列に表示されます。年別、月別表示の切り替えはスマホだとピンチ(2本の指でつまんだり広げたり)で操作するか、右上ののマークから操作できます。

これでGoogleフォトへの自動アップロード設定は完了! 今後撮った写真はすべて、Wifi接続した時に自動的に保存されていきます。

子供の写真をアルバムで整理する

撮りためた子供の写真を見やすくするためアルバムを作って整理することができます。
みつポチ

IMG_3647「フォト」を表示して、画面右上にあるのマークから「選択」をタップ

IMG_3593アルバムに入れたい写真にタップしてチェックを入れる
IMG_3593上にある「+」のマークをタップし、

IMG_3644「共有アルバム」を選択

するとアルバムのタイトルを入力する画面が開くので、適切なタイトルを入れれば完成です。

私の場合、「○○ちゃん2015」「○○くん2016」という風に、子供の名前と西暦でアルバムを分けてます。

新たに撮った写真を既存のアルバムに追加する際は、写真を選択して保存先を選ぶときに「アルバムに追加」下にある「共有アルバム」を選択して保存したいアルバムを選びます。

IMG_3644

写真や動画のアルバムを、指定した人に共有できる

Googleフォトに保存したアルバムを別の誰かが閲覧したり写真を追加したりすることができます。

メールやLINEなどでも共有できるので、Googleアカウントがない人やGoogleフォトのアプリがない人にも共有できるので、パソコンやスマホにあまり詳しくないおじいちゃんおばあちゃんにもうれしいですよね。これも簡単にできます。

メニュー左上の三本線マークをタップし、

IMG_3583「共有アルバム」を選択

IMG_3649共有したいアルバムを選ぶ
IMG_3651右上のこのマークから

IMG_3650「共有」をタップ

IMG_3654「リンクを取得」を選ぶと、アルバムが見られるURLがコピーされるので、それをメールやLINEなどに貼り付けて相手に送信すればOK

「他のアプリと共有」を選ぶと、共有するためのアプリがリンクも記載された状態で直接開く(下記参照)

IMG_3655iPhoneでは「メッセージ」「メールで送信」や「Twitter」「Facebook」「Google+」「LINE」「Evernote」などが選択可能

IMG_3657例えばLINEを選ぶと、送信先を決めメッセージを入れて送信ボタンを押せば共有完了

ちなみに、アルバムではなく写真1枚とか2枚だけの共有であれば、「フォト」から写真を選択して

↓のマークを選択すれば、先ほどの「他のアプリと共有」が表示されて同じ手順で共有ができますよ。

IMG_3593 (1)

また、おじいちゃんおばあちゃんが共有されたアルバムに写真を追加できるようにするためには、「共有オプション」の「共同編集」がONになっている必要がありますので確認してくださいね。IMG_3653

スマホのデータ空き容量を増やそう

Googleフォトには、保存が完了した写真をスマホ本体から削除してくれる便利な機能があります。

これを行うことで、スマホのデータ空き容量に余裕ができ、容量の少ない、価格の安いスマホでも安心して使えますよ。

私のiPhone6Sは購入時にケチって16GBのものなのですが、この機能のおかげでバシャバシャ写真撮っても今のところ快適です!!

手順は簡単。

メニュー左上の三本線のマークから、

IMG_3583 (1)「設定」を選択し、

IMG_3584「空き容量を増やす」をタップ

IMG_3646「削除」をタップ

これで、Googleフォトに保存済みの写真と動画がスマホ本体から削除されます。

…が、iPhoneの場合、削除から30日間はiPhoneの写真アプリ内の「アルバム」→「最近削除した項目」に残るので、すぐに消したい場合は「最近削除した項目」の中も削除しましょう。

Googleフォト利用上の注意

GoogleフォトはあくまでGoogleのサービスなので、Google都合で突如利用方法が変更されたり、有料になったり、閉鎖されることも考えられます。

なので、iPhoneやデジカメの写真・動画データをGooglePhotoにアップロードして、それぞれの端末上から削除する前に、別途パソコンなどにバックアップをとると万全です。

かくいう私も、「バックアップ? Googleフォトに保存してあるんだからいらないっしょ!」と言ったら夫に、「ばかやろう!!Googleを信用しすぎだろうが!」と怒られました。

確かに、Google都合で今しか撮れない子供の貴重な写真を失ってしまっては大変です。無料のサービスなので、何かあったとしても何の保証もないですしね。

パソコンにGoogleフォトの写真をダウンロードする方法

ブラウザでGoogleフォト(https://photos.google.com/)を開いてログインし、「フォト」からパソコンに保存したい写真にチェックを入れて、画面右上にある↓のマークからダウンロードできます。スクリーンショット 2016-03-11 14

アルバム丸ごとダウンロードもできます。ダウンロードしたいアルバムを開いて、右上の↓のマークをクリックすると「すべてダウンロード」が表示されるのでそちらからどうぞ。スクリーンショット 2016-03-11 14

まとめ

いかがでしたか?手順が多くてパッと見「難しいかも?」と思うかもしれませんが、やってみるとすごくシンプルなのでお試しくださいね。なんといっても無料だし!

私は夫とおじいちゃんおばあちゃんに子供の写真をアルバム共有して、それぞれが撮った写真もそこに追加していってもらってます。

たまったらフォトブックにしてもいいですよね!

今回基本的な操作のみ紹介しましたが、他にもデジカメやビデオカメラで撮ったデータも保存できるので、やり方は公式ページを見てみてください。→Googleフォト ヘルプ

Googleのサービスってシンプルで個人的に好きです。

好きすぎてChromebookも昨年買ったくらい。こちらも主婦の方におすすめしたいのでまた書きますね!


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク