【おでかけ】2歳と0歳連れてアンパンマンこどもミュージアムへ!


こんにちは。あやのです。

先週末家族で初めて横浜アンパンマンこどもミュージアムに行ってきました。みんな大好きアンパンマン! たくさんの展示物やアトラクションに、もうすぐ3歳になる娘は終始大喜びでした。

生後6ヶ月の長男も一緒だったので、会場内の設備や道のりも含め小さい子連れで行くアンパンマンミュージアムについてレポートします。

横浜アンパンマンこどもミュージアムへのアクセス

神奈川県横浜市にあるアンパンマンこどもミュージアム&モールは、『アンパンマン』をテーマとした体験型ミュージアムと、アンパンマングッズを揃えたショッピングモールとの複合施設です。

アクセスにはみなとみらい線が便利

駐車場もあるようですが数に限りがあるため、公式ホームページでは公共交通機関を推奨しています。

最寄り駅は以下の2駅。

みなとみらい線『新高島』駅より徒歩7分
横浜市営地下鉄ブルーライン『高島町』駅より徒歩7分

私たちは都内からみなとみらい線で向かいました。副都心線がみなとみらい線と直通運転しているので池袋から他線への乗り換えなしで行けちゃうんです。乗り換えは菊名で各駅停車に乗り換えた1度のみ!

土曜の10時頃でしたが渋谷から新高島まで座れたので、ベビーカーと抱っこ紐赤ちゃんがいる私たちは救われました…。

最寄り駅にいるアンパンマン

新高島の駅改札ではさっそくアンパンマンがお出迎え。

改札を出る前に、抱っこ紐の長男がな~んか臭うなぁと駅の多目的トイレでオムツを開けると大量のウンチが…。まだ会場に着いてないのにはやくもお着替えです(汗)。長女もついでにおトイレさせました。

新高島の多目的トイレは広くてキレイだったので、帰りも使わせてもらいました。みなとみらい線はどの駅もキレイでうらやましー!

駅からの道順

ベビーカーだったのでエレベーターで地上へ向かいます。道順はホームページの地図だと少しわかりにくいのですが、大体子連れの人に着いて行けば大丈夫です(笑)。徒歩7分。子供の足だと10分ちょっとはかかるかな?
ちなみに日曜祝日やGWお盆お正月などの期間は、横浜駅から無料シャトルバスが出ているそう。公式ホームページの「お知らせ」のページで乗り場と時刻表が確認できます。

ミュージアムの混雑状況とおやくそく

会場の混雑状況

この日は6月11日土曜日、横浜は晴れ。会場に着いたのが10時45分頃で、チケット購入に10分程並びました。

混雑する会場中に入るとやっぱり混んでましたねー。歩くときも気をつけないと子供同士ぶつかる。所狭しとものがあり人も多く色んな音がするので、ちょっと目が回っちゃいました。(子供は平気っぽい笑)

あとから知ったんですが、混雑状況も公式ホームページで確認できるんですね!助かったのが、あちこちに座れる椅子が用意してあったこと。赤ちゃんを抱っこしながらだったので子供を眺めながらちょいちょい座ってました。

チケット代

チケットは1歳以上ひとり1,500円です。我が家は長男が0歳6ヶ月なので、夫と私と娘の3人分で4,500円支払いました。
子供も大人も同じ料金。高いといえば高いかな。。小学生以下の子であればチケットと一緒に記念品がもらえます。

アンパンマン記念品

記念品は2ヶ月毎に変わるようです。今回はアンパンマンのマラカスでした。

会場内はベビーカーが使えない

ミュージアム内はベビーカーを使えないので、入り口近くのベビーカー置き場に預けます。なので、まだよちよち歩きのお子さんがいる場合、抱っこ紐があった方がいいかも。

ベビーカー置き場ではそれぞれのベビーカーに子供の名前を書いて札をつけます。この名札もアンパンマンで可愛い。数日たった今もまだつけてあります(笑)。まるでFUJIROCKのリストバンドですね!(え?ちがう?)

会場内は飲食禁止

これ、意外でした。ぶっ通しで長時間遊んだとき水分補給ができないなぁと。空調はきいてますが保護者は子供の脱水に注意した方がいいですね。手の甲にスタンプを押してもらえば再入場ができるそうなので、会場外にあるスペースやショッピングモールで飲食しましょう。※ただしミュージアム内でも「乳幼児のためのものはOK」のようです。

写真ビデオ取り放題!

一般の入場者はビデオも写真も撮り放題!はしゃぐ我が子を、たくさんのアンパンマンキャラをバシバシ撮りまくりましょう!!

ミュージアム内の展示物

展示物やアトラクションについては公式ホームページでも紹介されています。

今回うちの娘が気に入ったのは、アンパンマンのパン工場にあったパンをこねるアトラクション(?)と、パンをこねる娘

アイスクリーム屋さん、

アイスクリーム屋さん

お寿司屋さん(笑)、お寿司屋さん

アンパンマン号、

アンパンマンごう
大きくて弾むアンパンマンのボール、アンパンマンボール

アンパンマンすべり台でした。すべり台

あと、2階の「キッズルーム」でカレーパンマンがカレーの作り方を教えてくれるショーがやってました。うちの子は着ぐるみ嫌いで泣いたのですぐに退散しました(涙)が、大盛況でしたよ。

他にも「しょくぱんまんのお絵かきタイム」とか「ヒーローダンスタイム」とか、決まった時間にイベントが始まるようです。

この日は結局アンパンマンには会えませんでした。(会えてもうちの娘はギャン泣きするのでよかったのかも?)

「アンパンマンふれあいタイム」があるので、公式ホームページのイベントカレンダーで場所と時間を確認するか、当日会場で確認してみてください。この日は10:00~10:25で、着いた時点ですでに終わっていたようです。

1階にあるやなせたかし劇場のショーはどんどん満席になってました。満席になっても立ち見では見られるみたいです。

食べ物はどうしたらいい?

1時間半ほど遊んで外に出たらお腹がペコペコ。ミュージアム出てすぐのところにある「ジャムおじさんのパン工場」でパンを買って食べました。お昼時だったので混みこみ!外で並んで誘導のもと店内に入りました。パン工場

パン屋さん店内パンは高いけど(笑)子供大喜び!!

パン

僕たち1個310円(税込)だよ!

正直味は期待してなかったんですが、甘さ控え目で丁寧に作りました的な美味しさでびっくり。どのパンも優しい味で、これなら子供にも安心して食べさせられるなと思いました。

よくその辺のパン屋さんとかで売ってるアンパンマンのパンは、中にチョコが入ってたりするんだけど、ちゃんとあんこでしたよ。しかも結構クオリティ高めの。
ただ1個が大きいので半分にしたかったけど、お顔が半分になると泣くだろうからできませんでした(笑)。

他にはうどん屋さん、おにぎり屋さん、軽食など色々ありました。食べるスペースもたくさん。
常連さんでしょうか。お弁当持参とかマック買ってきてる人もちらほらいました。

実は今回、2歳娘はショッピングモールエリアに連れて行きませんでした。次に行くところもあったし、連れて行くと全部欲しいと言われそうで…(涙)。それくらい、めくるめくアンパンマングッズワールドが展開されてました。(ごめんね次来たとき行こうね…。)

トイレや授乳室

授乳室やトイレはミュージアム内にもありますが、私は食後にショッピングモールにある授乳室で授乳しました。

授乳室はオムツ替え室の奥にあり、仕切りのない長椅子が2つ向かい合って配置されてました。広めなので荷物を横においても大丈夫でしたよ。

さすがアンパンマンの施設。トイレ等も子供がわくわくするような造りになってて楽しいです。

2019年に移転予定なんだそう

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールは、2019年4月にJリーグ横浜・Fマリノスの練習場「マリノスタウン」の跡地に移転するそうです。最寄り駅は今と変わらずで、駅から少し近くなりそうですね。4階建ての巨大施設になるそう。楽しみ~!

アンパンマンこどもミュージアムを出た後は、せっかく横浜に来たということで、みなとみらい線に乗って元町中華街で中華を食べて山下公園散歩して帰りました。山下公園帰りは16時くらいでしたが、行きと同様池袋まで直通で座ったまま帰れて楽チンでしたよ。

疲れたけど楽しかったー。娘はよっぽど楽しかったのか、帰ってから泥のように寝てました(笑)。息子が歩けるようになったらまた行こうと思います!


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク